2018年06月18日

名古屋陶磁器会館「絵付け実演ウィーク」実演第一弾

P6143550.JPG

名古屋陶磁器会館「絵付け実演ウィーク」を開催。
実演の第一弾として、安藤栄子氏による凸盛りの
上絵付けを7月14日(土)13時半より実施します。
※実演の日時は変更になる場合があります。

以降の日程に実演を行う職人・講師・作家陣と日時も
順次お知らせ致します。
ご期待ください。

【安藤栄子(Eiko Ando)氏プロフィール】
大手食器メーカーのデザイナーとして、日本をはじめ、
海外のホテル、レストランの食器デザインを担当。
その後、フリーランスの陶磁器デザイナーとして数多くの
デザインを手がける。
ボタニカルアートの繊細な表現を取り入れて、独創的な
作品を個展、グループ展などで発表。
国立科学博物館主催「植物画コンクール」入賞多数の実績を
活かし、ボタニカルアート教室を主催している。
現在は、時代の変化と共に失われつつある「名古屋絵付け」を
守り伝える活動(「なごや凸盛り隊」「アルテデコジャパン」)
を行っている。
posted by kaikan at 19:00| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]