2018年06月21日

名古屋陶磁器会館「絵付け実演ウィーク」実演第四弾

P6143546.JPG

名古屋陶磁器会館「絵付け実演ウィーク」を開催。
実演の第四弾として、杉山ひとみ氏による凸盛りの
上絵付けを7月21日(土)13時半より実施します。
※実演の日時は変更になる場合があります。

以降の日程に実演を行う職人・講師・作家陣と日時も
順次お知らせ致します。
ご期待ください。

【杉山ひとみ(Hitomi Sugiyama)氏プロフィール】
イタリア・ミラノで10年間暮らす中、陶磁器上絵付け技法
を学ぶ。
イタリア・ロンバルディア州認定陶磁器上絵付けデコレーター
として、C.E.A.社の依頼を受け、MACEF(見本市)展示品など
を制作。
2000年帰国後、愛知万博などでイタリア語通訳を務めるかたわら、
ノリタケアーティストクラブ「チャイナペインティング」コース
を修了すると同時に、「現代の名工」佐分利利成氏に師事し、
明治時代から名古屋周辺で発達した「名古屋絵付け」の技法研究
を始める。
2013年から現在、時代の移り変わりと共に失われつつある
「名古屋絵付け」を守り伝える活動(「なごや凸盛り隊」)を
行っている。
posted by kaikan at 12:00| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]